VRAA / VIRTUAL REALITY ARCHITEcture award 
バーチャル空間デザインアワード「Virtual Reality Architecture Award(VRAA)」のまとめ役として、アワードイベントの設計・運営を有志チームで行っている(2019年より年に1度開催)

実空間と情報空間が融合する近い将来、新たな「現実」を支えるアーキテクチャ(≠建築)のあり方は大きく変わる
現在その最前線に立っているのは、誰もが世界を構築できるVRSNS(VRChat等)を生きるユーザー/クリエイター自身である
VRAAはそうしたユーザーコミュニティにとっての「遊び場」でありながら、VRの外に広がる社会との接点・コミュニケーションの場となることで、xRクリエイションの発展に貢献することを目指している
VRAA02のメインイメージ(グラフィックデザインはsabakichi氏による)